まつげが伸びる魔法の美容液が登場|年齢を恐れなくていい

女の人

肌を潤すスキンケア

コットンを持つ女性

つけるときのNG行為

肌を乾燥から守るために化粧水をつけている人は沢山います。化粧水には保湿成分が配合されているので確かに乾燥予防ができます。しかし、化粧水のつけ方を間違っている人が意外と沢山います。化粧水の理想的な使用量は500円硬貨のサイズです。たっぷりつけても浸透しないので、化粧水の無駄遣いになります。また、化粧水を必要以上につけすぎると角質がふやけてしまい、細胞がもろくなります。化粧水を強くパッティングをしてつけると、皮膚や毛細血管が傷つきます。そして赤ら顔の原因になります。また、コットンで長い間パッティングをすると、保湿どころか逆に肌から水分が奪われてしまうので要注意です。パックのし過ぎも同じように水分の流出に繋がります。

スキンケアの手順

スキンケアの基本的な手順は、「洗顔→化粧水→乳液」です。美容液をプラスする場合は化粧水のあと、乳液の前に使います。導入美容液の場合は化粧水をつける前に塗る必要があります。導入美容液には角質層を柔らかくし、スキンケアをしやすい土壌を作る働きがあります。最近はこれらのスキンケア成分の働きを一つにまとめたオールインワンも出回っています。スキンケアの基本的な手順に従い、それぞれの使用量を守り、肌に刺激を与えないようにすることが保湿に繋がります。保湿をすれば肌の水分量が上がり、将来的にシワやたるみの予防に繋がります。また、乾燥肌が改善されて肌のコンディションが正常になれば、紫外線に強くなってシミも出来なくなります。